゜・:*fairy cake*:・゜

日々フェイクスイーツ*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東日本大地震


悪夢の日から一週間が過ぎました。

ブログも更新しようと思いつつ、どこから何を書いてよいのやら…。
書いては消してを繰り返していました。
そのうち地震の影響か何なのかわかりませんがパソコンが壊れたようで起動出来ません。
これも携帯から書いてます。


私は岩手県盛岡市在住で、私の住む内陸周辺は大きな被害はなかったものの、沿岸地域はテレビの映像で見る通り大変な被害を受けています。

今年になって南三陸の旅館も、松島の旅館も泊まりました。
大槌の浪板海岸は昔から大好きな場所で、海辺の民宿にも何度も泊まっています。
また宮古は私の父の実家であり、いまだ父の兄弟とは誰一人連絡が取れていません。

あの綺麗だった場所ががれきだらけになっている映像は本当に現実のものなのだろうか、あのとき親切にしてくれた人たちは今どうしているのだろうか、考えるだけで胸が引き裂かれそうです。


地震発生当時のことを少しお話すると、私は仕事で車を運転中で、携帯で地震発生の警報が表示されるとまもなく大きな揺れがきました。
運転出来る状態ではなかったのですぐに車を路肩に寄せおさまるのを待ちましたが、尋常ではない揺れに恐怖を感じました。
おさまったところですぐにUターンして会社に戻ろうとしたものの、停電が発生していたので信号は機能せず、大きな通りだったため車と歩行者が入り乱れ、建物からは落ちたガラスが散乱、ちょっとしたパニック状態でした。

幸いにも会社も自宅も物が落ちたくらいで大きな被害はなく、水道もガスも大丈夫でした。
とはいえ真っ暗で寒く、大きな余震が頻繁に発生、鳴り響くサイレンにヘリコプターの飛び交う音の中夜を過ごすことはとても心細かったです。
普段の備えの重要性をあらためて感じました。

私の住む地区は電気の復旧がとても早く翌日の夜には復旧。
ライフラインが満足に通っていることはなんて贅沢で幸せなことなんだと思い知らされました。


今現在は食料や燃料の不足の為、会社もおとといから自宅待機となっています。
お店もイオンなど大きな店舗さえ食料品以外休業しており、普段通りとはいきませんが、避難所で明日さえどうなるかわからない生活をしている方々のことを考えると、これくらいがちょうどいい気がします。
交通機関も徐々に復旧しています。

被害の大きな県で不自由ない生活をしているのは心苦しいですが、個人で出来ることには限りがあり、はがゆい思いでいっぱいです。
時間はかかるでしょうが一日も早い復興を、そして被害にあわれた方々に笑顔を…。
今私に出来る精一杯のことをしながら、ただただ祈っています。
スポンサーサイト
[ 2011/03/18 16:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
とても怖い思いをされましたね・・・
けれど怪我がなくて本当に良かったです。
何を書けばいいのか、何をすればいいのか、
自分に何が出来るのか・・・今、同じ思いの人がたくさんいることと思いますが
それぞれが、出来ることを少しずつ折れない心で頑張ることが大切ですね。

ご親戚との連絡が一日も早くとれますように。
[ 2011/03/18 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。